一般社団法人日本ホームステージング協会 – 日本ホームステージング協会監修の「モテ部屋検定」公開
日本ホームステージング協会監修の「モテ部屋検定」公開

日本ホームステージング協会監修の「モテ部屋検定」公開

ホームステージングするとモテる!?
日本ホームステージング協会監修の「モテ部屋検定」公開

mote2

お片付け・掃除・インテリアを含めたトータルコーディネートで住宅を魅力的に演出し、中古住宅・空き家の効率的な流通に役立つ「ホームステージング」の認知と普及を目指す一般社団法人日本ホームステージング協会(東京都江東区/代表理事:杉之原冨士子)は、マイナビニュース( http://news.mynavi.jp/ )の人気コーナーである検定コンテンツで、9月9日に公開された「モテ部屋検定」を監修しました。
(監修の背景と目的)
 同サイトのユーザーのうち、20〜30代の男女をターゲットとした「モテ部屋検定」は、ユーザーの方に伝わりやすいように設定したタイトルで、簡単にすぐにでも実践できる内容を当協会の「ホームステージャー認定講座専用テキスト」から抜粋しています。自分の部屋の演出を実際に考えながら、ホームステージングの基礎知識が楽しく学べるようになっているのが特徴です。
 快適でいつまでも住みたい部屋にするのは、ホームステージングそのものです。
しかし、快適に住みやすくしたいという思いはあっても、専門的に学ぶひとは限られています。検定コンテンツを通じて、自分で快適に住める部屋はどうしたら実現できるか、その基礎知識を身に付けられるきっかけになればと、マイナビニュースと当協会双方の意見が一致して実現しました。
 昨今、空き家をはじめとする中古住宅の効率的な流通が課題といわれる中、ホームステージングで住みよい快適な住空間の提案をすることは、一つの解決策になると考えています。そのホームステージングを広めるためには知識と実務のノウハウを持った人材「ホームステージャー(※)」が必要です。当協会は日本の住宅事情に合ったホームステージングを体系化し、ホームステージャー育成にも力を入れています。検定コンテンツを通じて、ホームステージャー育成のための、人材確保につながることも期待しています。
 ホームステージングは、お片づけ・掃除・インテリアを含めたトータルコーディネートで、空き家を含む中古住宅を魅力的に演出し、不動産売買を円滑にするためのサービスとして、アメリカでは30年以上前から広く一般に知られています。
 当協会では、「ホームステージング」を普及させることが、中古住宅・不動産に関わる企業、団体はもちろん、住む人がより安心して長く暮らせる住まいを手に入れるためにも必要不可欠なことと考えています。「ホームステージャー」の認定講座をはじめとして、今後も様々な取り組みに積極的に協力し、ホームステージング普及に務めます。
プレスリリースPDFをダウンロード

一般社団法人日本ホームステージング協会

広報事務局 田熊・田村                                                                                                               TEL.03‐3798‐2172            E-mail.nhs@demi-pr.com