一般社団法人日本ホームステージング協会 – 第2回ホームステージャー交流会開催、全国から88名が参加

第2回ホームステージャー交流会開催、全国から88名が参加

お片付け・掃除・インテリアを含めたトータルコーディネートで住宅を魅力的に演出し、中古住宅・空き家の効率的な流通に役立つ「ホームステージング」の認知と普及を目指す一般社団法人日本ホームステージング協会(東京都江東区/代表理事:杉之原冨士子)は、2016年12月6日(火)に、ホームステージャー交流会を東京国際フォーラムで開催しました。ホームステージャーがビジネスチャンスや専門知識を広げること、企業や関連分野の専門家との交流ができることを狙いに企画したもので、ホームステージャーや関連企業を含め約90人が日本全国から出席しました。

代表理事、杉之原は「ホームステージャーの人数が今年に入ってから急増し、企業からの依頼や、地方からの相談などの具体的な案件が格段に増えています。ホームステージングは売買物件だけでなく、公共施設や商業施設でも可能ですし、居住中物件では片付けや掃除そのものも含めた演出がホームステージングになります。ビジネスの事例では例えば、ホームステージングに欠かせない「家具の手配」に際しては、物流会社の力が生かされます。もっと幅広い分野の企業が参入できる可能性があると思います。今後は、協会に寄せられる多くの事例を蓄積し、データを集計してビジネスに役立つ情報として提供し、ホームステージングの業界標準を目指したい」と述べました。

当協会は日本の住宅事情に合ったホームステージングを体系化し、売買物件だけではなく、居住中の物件や公共施設、商業施設も含めた幅広いホームステージングを行えるホームステージャー育成に力を入れています。空き家をはじめとする中古住宅の効率的な流通が課題といわれる中、ホームステージングが一つの解決策になると考えて、ホームステージャー認定講座を毎月日本全国で開催し、ホームステージャー支援の取り組みも行ってまいります。

今後は、ホームステージングに関する事例を地域ごと物件ごとに集計して、ビジネスに役立つ情報として提供し、ホームステージングの業界標準を目指してまいります。

プレスリリースPDFをダウンロード